みんなの体験談

リタリコワンダーに通わせてみた本音口コミ【子供8歳/千葉県】

プログラミングスクールに通っているのは、千葉県に住む8歳の男の子です。

プログラミングスクールに通わせようと思ったのは、自分で考える力をつけて欲しかったからです。

これまでの勉強は暗記が中心で自分で考えるということが少なかったです。

しかし、これからは知識が豊富なことよりも、自分で考えて工夫をしていくことが求められていく時代になると思います。そういった時代についていけるように、子供のころから教育しようと思ってプログラミングスクールに通わせることにしました。

また、私が機械類の操作が苦手なので、子供にはプログラミングを通してパソコン操作などに慣れて欲しいというのもあります。

LITALICOワンダー」という教室に通っています。この教室ではロボットコースとゲーム&アプリプログラミングコースがあります。子供はゲーム&アプリプログラミングコースに参加しています。

LITALICOワンダーでは決まったカリキュラムがなく、子供のやりたいことや進歩にあわせて学び方を設計をしてくれます。カリキュラムがきっちり組まれていると、計画通りに進められて安心できる面がある一方、子の興味に合わないこともあります。

しかし、LITALICOワンダーのような子供にあわせて設計していくような教室なら、子供が興味のあることに取り組めるし、自分のペースにあわせて無理なく学んでいくことができます。この点がよいと思い、LITALICOワンダーを選びました。

授業にはScratchが用意されています。うちの子はScratchに興味を持ったようで、最初はScratchを使って授業をしました。マウス操作だけでできるようで、自分でプログラミングを構成できたことを喜んでいました。

難しいものだと嫌になってやりたくなくなってしまうと思いますが、Scratchのようなものだと操作が簡単で、簡単だからこそ面白くて、さらにやってみたくなるのだと思います。楽しそうに通ってくれていることが何よりです。

スクールでパソコンなど使っているので、自宅ではパソコンを使わない勉強をさせるようにしています。バランスが大切だと思います。

しばらく通っていたのですが、他の習い事が忙しくなってしまったので、現在はスクールに通っていません。

これからプログラミングスクールに通わせたいと思っている方は、子供が楽しく通えることを大切にしてください。楽しいとどんどんやってみたくなり、学びが深まっていきます。

-みんなの体験談

Copyright© 子供・小学生プログラミング教室おすすめ21社を徹底比較【ぷろぐらむきっず】 , 2020 All Rights Reserved.