子供プログラミング教室の口コミレビュー

中目黒MYLAB(プログラミング教室)の授業・料金を独自レビューしてみた

2021年10月8日

月謝 10,780円~
教室数 1
Scratch あり
公式サイト https://my-laboratory.jp/

今回ご紹介する子供向けプログラミング教室MYLABは、2020年6月にオープン。実は有名大手企業さんが運営しているんです。

その大手企業さんとは、日本初の個別塾として知られる明光義塾グループ

お子さまが楽しむこと」をコンセプトにしたこちらの教室、さっそく見ていきましょう!

口コミ・評判

パパママさん、親御さんによる口コミはTwitterではあまり見かけませんでした。

ちなみに上記の宮島さんは、以前レビューさせてもらったCoderDojoJapanの理事を務めてるそうで。こんなところで繋がってるんですね~。

 

総評 90/100点

なんといっても明光義塾グループが運営しているということが特徴的。

これまで教育の現場で培ってきた超有益ノウハウが、ここMYLABでも惜しみなく投入されていることでしょう。

初心者~上級者まで、実店舗でもオンラインでも受講できる体制が整っているのは、大手ならでは。

MYLABでは、決まったカリキュラムに子どもたちが合わせるのではありません。

と明記されており、枠にはめることなく、子供の創造力を自由に広げてくれる、という姿勢が見えます。親目線としては嬉しいものです。

カラフルなイスが置かれた教室は、まるでコワーキングスペースのよう。とても今っぽい印象です。

オシャレで清潔感のある中目黒教室

こんな素敵な空間だったら、自ずと子供たちもクリエイティブになってくれそうです。

 

授業内容 18/20点

MYLABのプログラミングコースは以下の5つ。

  • エレメンタリーコース
  • エントリーコース
  • FIRST® LEGO® Leagueチャレンジコース
  • オンラインエントリーコース
  • Unityコース

それぞれ詳しく見てみましょう。

エレメンタリーコース

対象年齢は、未就学児~小学1年生。使用ツールは、GigoブロックとScratchジュニア。

ブロックを作りながら、科学やプログラミングの楽しさに触れてきます。

タブレットを使用するので、パソコン未経験者のお子さんでも安心。

エントリーコース

対象年齢は、小学2年生~小学6年生。使用ツールは、Scratchとレゴ©マインドストーム©EV3。

自分で作ったレゴをプログラミングした通りに動かしたり、オリジナルのゲーム開発にチャレンジ。

ITが好き!という気持ちが芽生えるようなカリキュラムが複数用意されています。

FIRST® LEGO® Leagueチャレンジコース

対象年齢は、小学4年生~高校1年生。使用ツールは、SPIKEプライム

ロボットプログラミングの世界大会「FIRST®︎ LEGO®︎ League」への出場を目指す専門コース。

プログラミングだけではなく、課題解決、リサーチ、プレゼンテーションのスキルを養います。

世界大会でのプレゼンは英語になるので、ハイスペックグローバル人材の基礎まで作れちゃいそうなほど、ハイレベルだと思われます。

オンラインエントリーコース

対象年齢は、小学1年生~中学3年生。使用ツールは、Scratch。

自宅でプログラミング学習ができるコースで、1年間で基礎を身に付けます。

以下スペックを満たしたパソコンを持っていることが条件ですが、ここ1~2年くらいで買ったパソコンならまず満たしているでしょう。Scratchをインストールしたりするので、128GB以上の空きが必要ということでしょう。

1. マイクおよびカメラ(「内蔵」「外部機器の接続」いずれも可)が利用できるパソコンを持っていること
※iPadやスマートフォンは不可(Scratchの仕様により十分なレッスン提供がてきないため。
2. パソコンがインターネットに接続できること(20Mbps以上を推奨)
3. Google Chromeがインストールされていること
4. OS:Windows10(64bit)、Mac OS Mojave バージョン10.1以降
5. ストレージ:128GB以上
6. メモリ:8GB以上
7. CPU:Intel Core i5相当以上

Unityコース

対象年齢は、小学5年生~高校3年生。使用ツールは、Unity。

Unityで本格的なゲーム開発ができるようになる上級コース。

わたくし個人的な意見ですが、Unityでひととおりゲームを開発できるスキルまで身に付けたら、生涯食いっぱぐれることはないんじゃないか。それくらいいま世界中で価値のあるスキルだと思います。

誰もが知るポケモンGOやドラクエウォーク、有名ソシャゲアプリだってUnityで作られたりするんです。

さらにゲームの枠を飛び越えて、さまざまな分野でUnityが使われ始めてます。たとえば車メーカーのボルボ。Unityでオンラインショールームを構想するなど、期待感にあふれてます。

そんなUnityコースでは、受講開始から1か月以内に必ず3Dゲームを完成させることができる、というとても素晴らしい内容です。

実店舗でもオンラインでもOKってのは嬉しいですね!

 

Scratchの有無 20/20点

MYLABでは、もちろんScratchが導入されています。

Scratch(スクラッチ)とは

子供向けのプログラミングツール。マウス操作だけでプログラミング開発可能。初心者の子供には絶対にあった方がいい。ないと諦めてしまう可能性あり。(参照:Scratch公式サイト)

さらにScratchジュニアも導入済みで、エレメンタリーコースで使用します。

Scratchジュニアとは5~7歳向けであり、8~16歳向けScratchをよりカンタンにしたver.の位置づけです。

 

料金 17/20点

全5つのコース料金は以下の通りです。

教室受講 オンライン受講
コース エレメンタリー エントリー FLLチャレンジ エントリー Unity
入会金 22,000円 22,000円 22,000円 - -
受講料/月 16,500円 22,000円 27,500円 10,780円 22,000円
施設設備費 3,300円 3,300円 3,300円 - -

※FLLチャレンジ=FIRST®︎ LEGO®︎ Leagueチャレンジ

教室受講の場合、月額費以外に施設設備費というものがかかります。これは他ではあまり見かけないシステムですが、これだけキレイな教室を維持するとなると仕方ないとも言えます。

授業時間はコースによるのですが、60分か90分です。

 

対象年齢 20/20点

対象年齢は、未就学児~高校3年生まで。

ただし

未就学のお子さまは要相談

と記載されておりました。子供の能力やパパママがどれくらい協力できるか次第ってことかもしれせん。

全体的なイメージでいうと、小学生低学年まではブロックやロボットを使ってのプログラミング、中高生になるとゲームプログラミングがメインになっていくようです。

 

教室数 15/20点

現在のところ(2021年10月時点)は、1教室のみ

東京・中目黒に通学できる教室があります。駅から徒歩3分という立地のよさはいいですね。

東証一部上場の明光義塾(明光ネットワークジャパン)さんなので、他にも教室が増えていくのかもしれません。今後に期待です。

 

まとめ

ということで、MYLABを紹介させてもらいました。

特徴をまとめると、

  • 明光義塾グループが運営
  • 初級~上級まで5つのコース
  • 実店舗(教室)でもオンラインでもOK
  • 現在は中目黒教室のみ

といったところでしょうか。

少しでも気になったという方は、MYLAB無料体験に参加してみるといいかもです。中目黒教室でもオンラインでも、90分まるまる無料でお試しできますよ。

プログラミングに限ったことではないですが、自分の子供に合う/合わないはあるので、体験させてみてから判断するのがおすすめです。

-子供プログラミング教室の口コミレビュー

© 2021 子供・小学生プログラミング教室おすすめ22社を徹底比較【ぷろぐらむきっず】