広告

Switch(スイッチ)小学生向けプログラミング教室の料金・評判ってどう?

2018年11月15日

月謝 11,000円~(※2022年12月時点)
教室数 6(※2022年12月時点)
Scratch あり
公式サイト https://kids-switch.jp/

Switchといえば、ほとんどの人が任天堂の人気ゲーム機Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を思い浮かべますよね(笑)

しかし、今回ご紹介するのは、同じSwitchでも、子ども向けプログラミング教室のSwitch Kids programming schoolについて。

名前が名前だけに、何だか楽しそうな教室をイメージしてしまいますね!

それでは、早速 Switch Kids programming school(※以下「Switch」と表記)について、詳しく見ていきましょう。

 

口コミ・評判

無料体験会 でも、小さな子どもがパソコンを触っていますね♪

コース2つとも体験できるのも、嬉しいポイント。

 

無料体験会でも、しっかりと講師が向き合ってくれています。

子どもたちの真剣な眼差しがいいですねぇ。

 

こちらは、Switch発表会 の様子。

自分の成果物を人前で発表する機会は、とても貴重なものになることでしょう。

 

総評 85/100点

子ども向けプログラミング教室Switchの特長は、想像力×創造力

子どもが、自ら 想像 したものを 創造 することは、大きな達成感につながります。

「もっとこうしたい」「どうすれば解決できるか」と自分で考えたものを形にしていくことは、さらなる発想力や論理的思考力を育てることにも大いに役立ちますね!

また、Switchでは、独自開発したタイピングアプリを活用する タイピング練習 ジュニア・プログラミング検定 の導入も、好評。

タイピングスキルや検定の級が上がることで、子どもたちにも、やる気や自信が生まれます。

こうした経験は、その後の作品づくりにも良い刺激や新しい発想を生み出してくれそうですね!

 

授業内容 18/20点

Switchで用意されているコースは、3つ。(※2022年12月時点)

プログラミングの考え方や基礎を学習する スクラッチコース 、座標・回路といった考え方にも触れていく マイクラコース 、マイクラコースをさらに発展させた マイクラアドバンスコース があります。

口コミなどを参考にすると、どうやら講師は、大学生などが多いようです。

面倒見が良くて、若い大学生のお兄さん・お姉さん先生だと、子どものやる気もアップしそうですね♪

それでは、それぞれのコースについて見ていきましょう。

スクラッチコース

こちらは、年長から小学6年生が対象のコースです。

Scratch という子ども向けのプログラミング学習ツールを使いながら、プログラミングの基本の流れや仕組み、考え方の基礎を学んでいきます。

ゲームづくりの中で起こる数々の課題について、原因を考えたり、仮説を立てたり、最終的に解決するという流れを繰り返し体験することで、子どもの論理的思考力を大きく伸ばすことが可能。

Scratchで作業している様子は、一見ゲームの延長にも見えますが、達成感や発想力など、子どもの能力に多くの効果を与えてくれているようです。

マイクラコース

対象年齢は、スクラッチコース同様、年長から小学6年生です。

こちらのコースでは、YouTuberの解説動画でも度々話題になる大人気の Minecraft(マインクラフト) を使用。

「コマンド」というプログラムの命令に関する英文をタイピングで打ち込んだ後、それを複数組み合わせていきます。

自分の頭の中で考えたアイデアを実際の形にしていく作業は、ワクワクしますね♪

英文や座標・回路といったレベルの高い知識にも触れていくので、プログラミング以外にも学べる要素が盛りだくさんのコースです。

マイクラアドバンスコース

「マイクラコースをすでに卒業した」「もっと難しいことにチャレンジしたい」という子ども向けに、こちらのコースが用意されました。

対象年齢は、一応の目安として、小学中学年から小学高学年とされています。

マイクラコースを受講していて、なおかつタイピングスキル・論理的思考力判断テストに合格した子どものみが受講できるコースです。

ここでは、マイクラコースで学んだ基礎知識をもとに、コーディング という作業を行っていきます。

プログラムを実行する順序や階層等の複雑な構成を自分で考えながら構築していく様子は、プログラマーそのものですよ!

※よりハイレベルのプログラミングを受けさせたいならば、テックキッズスクールが1番です。

 

Scratchの有無 20/20点

スクラッチコースには、もちろんScratchが導入されています。

Scratch(スクラッチ)とは

子供向けのプログラミングツール。パズルのような感覚でプログラミング可能。初心者の子供には絶対にあった方がいい。ないと諦めてしまう可能性あり。(参照:Scratch公式サイト)

小さな子どもにも分かりやすいパズルのようなプログラムの指示を移動させながら、ゲームやアニメーションの制作を進めていきます。

自分が表現したいゲームやキャラクターを制作する過程で、試行錯誤しながら解決していく作業は、論理的思考力を大きく伸ばすチャンスにもなりますよ。

 

料金 16/20点

Switchの料金は、以下のように、とてもシンプル。(※2022年12月時点)

クラス 入会金(税込み) 月額受講料(税込み)
スクラッチコース

マイクラコース

マイクラアドバンスコース

毎週(90分×月4回)

16,500円 15,400円
スクラッチコース

マイクラコース

マイクラアドバンスコース

毎週(90分×月2回)

16,500円 11,000円

月2回か月4回かで変わってきますが、全てのコースの料金は一律です。

月2回の場合は相場より少し高く、月4回の場合は相場より少し安いといった感じです。

PC貸出料や教材費、教室管理費が授業料に含まれていることを考慮すると、妥当な料金設定ですね。

入学金は、税込み16,500円。

これは、10,000円ほどの教室が多いなか、若干高いかも知れません。

また、Switchでは、お得な ご紹介割引 なども用意しています。

「入会中の子どもが友だちを紹介した場合は、最大3,000円分のクオカードをプレゼント」「入会中の子どもの兄弟姉妹が入会した場合は、子ども2名以上から月額料金を2,000円割引」など、色々あるようです。

これらに該当する方は、ぜひ申し出て下さいね♪

 

対象年齢 17/20点

対象は、年長から小学6年生(※2022年12月時点)

各コースによって、対象年齢があります。

先ほどの「授業内容」でも少し触れましたが、もう一度まとめておきますね。

  • スクラッチコース:年長から小学6年生まで
  • マイクラコース:年長から小学6年生まで
  • マイクラアドバンスコース:小学中学年から小学高学年まで(目安)

学年や年齢によって分かれているわけではないので、年の離れた兄弟姉妹が同じ教室で同じ時間に受講するという場合もありそうです。

 

教室数 14/20点

2022年12月現在のSwitchは、全部で 6教室

東京都千代田区にある「飯田橋校」、東京都江東区にある「木場校」、神奈川県川崎市中原区にある「武蔵小杉駅前校」、大阪府大阪市西区にある「大阪四ツ橋校」、愛知県名古屋市中区にある「名古屋栄校」、北海道札幌市中央区にある「札幌大通校」です。

どの教室も交通の便が良い場所にあり、立地条件としては◎。

ただ、6教室のみ。

やはり、他教室と比較しても少ないことは否めません。

今後の展開に期待したいところです。

 

まとめ

以上、Switch Kids programming schoolについて、まとめてみました。

多くのプログラミング教室でも扱っているScratchを活用したコースの他、人気のMinecraft(マインクラフト)のコースもありましたね。

子どもの興味や関心 に合わせたコースが用意されていたり、親しみやすい 大学生が講師 だったり、タイピングスキル を習得できるという点は、おすすめポイント。

実際の教室の雰囲気を味わうためには、無料体験会に参加することがベスト。

お近くに教室がある方は、足を運んでみるのもいいかも知れませんね♪

-小学生プログラミング教室の口コミレビュー